作品: Works:
パーラー305

Nihonbashi parlor

P305_102_DN14372_LP305_104_DC30405_LP305_126_DN14359_L

日本橋人形町の三軒長屋の、タバコ屋と居酒屋に挟まれた真ん中の区画をワインパーラーとして改装した。既存の内装はかつてこの建物がたどってきた用途の変遷を、地層のように残しながら二重・三重に上貼りされていた。これまで上貼りされてきた、さまざまな生活のしつらえとしての壁面や天井面を、新たな機能に応じて段階的に剥がしていくことでビストロの多様な場づくりの助けとした。
二層の内部空間に3つのヴォイドコアを設定し、それぞれ縦動線・通風・採光を担わせることで上下階を一体化した。ヴォイドコアは上貼りされたかつての生活の履歴が断面として現れ、上下・水平に複雑に視線の抜ける不思議な場所となる。

撮影: 太田拓美
^